セールスレター型ホームページ制作「スマイルファクトリー」情報商材用セールスページを利益保証で製作します!
セールスレターの書き方が分からなくても、情報商材の販売知識がなくても、このホームページ制作を利用すれば大丈夫!
セールスレター型ホームページ制作「スマイルダクトリー(利益保証型)」
セールスレターを作って情報商材やツールを販売する皆様へ
「ホームページ制作会社が利益を保証してくれたらいいのに」と思ったことはありませんか?株式会社インフォスマイルのホームページ制作サービス「スマイルファクトリー」なら、利益が出なかった場合、制作費を全額ご返金致します。
インフォスマイルのホームページ制作「スマイルファクトリー」なら、利益保証型のセールスレターサイトを作ることができます!
 
セールスレター型ホームページ制作「スマイルファクトリー」は利益保証型の次世代ホームページサービス!

スマイルファクトリースタッフのひとりごと 

■2012.8.13

『リズムの不思議』


こんにちは、スマイルファクトリー事業部新人のFです。

今回は、仕事柄いろんなセールスレターを目にする機会が
増えてきた私が感じていることについて。


いきなり話題が飛びますが、
あなたもよく耳にしているであろう邦楽のヒット曲には
統計的にいくつか売れる法則があるんだそうです。

たとえば、歌詞の分節が5・7・5の
いわゆる川柳的なバランスになっていると
日本人にはしっくりくるとか、
『サビ部分』の出だしは母音の「あ行」が気持ちよく感じるとか。

実に興味深いです。



なんとなく察しがついた方も
いらっしゃるかもしれませんが、
セールスレターにも同じことが
言えるのではないかと思うのです。


あなたにも経験があるかもしれませんが、
同じ内容が書いてあるのに、
思わず入り込んでしまう文章だったり、
ざーっと読んだだけでもなんとなく
イメージが湧いてしまうコピーって
ありますよね。


もし可能であれば今すぐ試してほしいのですが、
人は文字を読むときに、
内容がそのまま入ってくるのではなく、
一度頭の中で音に変換して、
音声として内容を認識する人が多いと言われています。

・・・どうですか? 

今の「どうですか」という単語も、あなたの頭の中に声として
響いているのではないでしょうか。


つまり、読みやすい文章、伝わりやすい文章というのは
音読してもスムーズに読める文章であり、
抑揚や「間」もふくめたリズム感が大切であるという事です。


たとえば基本的なことですが、句読点や改行の場所なんかでも
読みやすさは大きく左右されますよね。


さて、あなたのセールスレターはどうでしょうか。
読み手の頭の中にはどんな音が響き、
どんなイメージが浮かぶでしょうか。


すでにサイトをお持ちの方は、ぜひ一度ご自身のサイトを
声に出して読んでみてください。


何か発見があるかもしれません。

記事一覧に戻る
 
メインページへ戻る  | 特定商取引表記 | お問い合せ  | スタッフのひとりごと
Copyright (C) 2009  株式会社インフォスマイル Infosmile Corporation. All Rights Reserved.